アフタヌーンティーをホテルで。

高級ホテルでアフタヌーンティーを楽しむ人のためのコアな情報サイトです。

アフタヌーンティーホテルの最新情報

Rankings

© アフタヌーンティーをホテルで。 All rights reserved.

コンラッド東京 コラージュ  鱧マリネとスイカゼリー レモンパウダー

先日、ログりましたが、コンラッド東京にものすごくものすごく久しぶりに行ってきました。8月の中頃の話なので、もう多分、ランチメニューも変わってると思うけど……。

コラージュさんは、元のゴードン・ラムゼイです。

実は、ゴードン・ラムゼイじゃなくなってから行ってなかったことに気が付きました。でも、実は内装もシェフも何も変わってないので、ほんとうに前のままでした。

静かで、大人で、カッコイイお店です。

 

このお店は、ゴードン・ラムゼイ氏が内装まで参入していたので「お客は私の料理を見よ、そして感じよ!景色見るな!」というコンセプトのもと作られております。よって、座席は全部、内側に向いています。

  巨大なガラス窓を背にして食す高級フレンチ……あんまり人が一杯いるときは滑稽な感じでしたが、人が少ないと、それはそれで贅沢な感じもしました。と、まあ、ゴードン・ラムゼイあるあるを話してみましたが……

今回はランチ。

アントレから……

鱧のマリネとスイカゼリーのレモンパウダー

  レモンパウダーってのはなんだろう?アスコルビン酸とかビタミンC的な粉かな?と思ったのですが、

酸っぱい味というよりは酸っぱい錯覚を起こすレモンの皮の白い部分の香が強い、パウダーでした。鱧+梅は相性が良いですから、それの西洋版ってことかな。

でも、これがあるとないとでは、だいぶ味の印象変わるだろうな。

鱧マリネは、マリネってほどでもなく、さっと浸してある感じ。
ここのシェフは日本人なのですが、何ていうか、フレンチ作ってるけどなぜか、京都に来たような錯覚を何度か味わいますな。

すいかゼリーもスイカの甘い部分だけの汁の味を柔らか目のジュレにしてある感じだな。こういう組み合わせ、一般家庭では別々にしか食べないので一つのお皿に載ってるのって、面白いですよね。

 

 

関連記事

クリスチャン ルブタン初のコラボアフタヌーンティー at フォーシーズンズホテル丸の内 東京

ウェスティンホテル横浜 ハロウィンアフタヌーンティー

パレスホテル東京のアフタヌーンティーが変わりました。

パーク ハイアット 京都 秋のアフタヌーンティー

モンブラン仕立てのグラスパフェ付きアフタヌーンティー

アマン東京 宮川佳久 クロワッサン

紅茶コラム 1 「最高においしい紅茶」

「もしかして成功したかも? 和アフタヌーンティー」フォーシーズンズホテル東京大手町

最近、ANAホテルのカスケイドカフェがキテるという件

20198/2

帝国ホテルでバービーアフタヌーンティー

「マノロ ブラニク」監修のアフタヌーンティーをザ・リッツ・カールトン大阪が3月1日(金)からスタート 

開業15周年記念アフタヌーンティー   グランド ハイアット 東京 2018 Autumn

ブラックアフタヌーンティーが変わります!

英国王室御用達ラグジュアリーハウス「Asprey(アスプレイ)」コラボレーション アフタヌーンティー

20185/21

三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」(東京・丸の内)『アフタヌーンティー』2018年5月21日(月)より期間限定で再開

20183/21

さくらの見えるレストラン 六本木

さくらの見えるアフタヌーンティ③ ラウンジバー プリヴェ/パレスホテル東京

【3/31屋形 de Champagne~2018】お花見イベント!屋形船にて桜を見ながらシャンパーニュ

桜の見えるレストラン 中目黒で桜を愛でながらランチ・ディナーができる店

桜の見えるアフタヌーンティー② シェラトン都ホテル東京 カフェカルフォルニア

さ、今週からはお花見。さくらのアフタヌーンティー 東京マリオットホテル

アマン東京 苺づくしのプレミアムなアフタヌーンティー 後半はまだいける!

2018年 たぶんくる。ヒルトン東京お台場的マスカレードなスイーツとか。

うう、目がちかちかする。インスタ映え間違いなしのサイケなアフタヌーンティ。

今年もよろしくお願いします。2018年度冬のアフタヌーンティー

現場からは以上です。いちごアフタヌーンティー戦争が勃発中。

アマン東京でクリスマスとか年末とか

サルヴァトーレ・フェラガモ香水付  フォーシーズンズホテル丸の内 東京

そろそろ秋色のアフタヌーンティー フォーシーズンズホテル京都

アマン東京 パティシエ宮川 ミッドサマー デザートブッフェ 中継

ページ上部へ戻る