アフタヌーンティーをホテルで。

高級ホテルでアフタヌーンティーを楽しむ人のためのコアな情報サイトです。

アフタヌーンティーホテルの最新情報

Rankings

© アフタヌーンティーをホテルで。 All rights reserved.

シャンパンフリーフローにGO!② ホテル椿山荘東京 ル・ジャルダン

さて、泡といえば夏の風物詩で、普通はビヤホールのことなのですが、今年はシャンパンフリーフローが豊作なので、第二弾を報告。ホテル椿山荘東京のル・ジャルダンでございます。国内アフタヌーンティーの本家本元であり老舗でもあるル・ジャルダンですけども、シャンパンも気前よくやっております。

ホテル椿山荘東京 ル・ジャルダン内 「プレミアムシャンパンアワー」2種

シャンパンフリーフロー ホテル椿山荘東京メニューこんな感じ。

■【ニコラ・フィアット】【モエ・エ・シャンドン】の二種
■厳選赤白ワイン
■生ビール
■カクテル100種類

■三段オードブルスタンド(一例です。季節により変わります)

■アメーラトマトのブルスケッタ
■カラフルベジタブルサラダ
■ブロシュートハムとメロン
■カニクリーム入り ミニブーシェパイ
■アボカドとモッツァレラのカプレーゼ
■稚鮎のエスカベッシェ
■イタリアンライスコロッケ 「アランチーニ」
■キャロットラペ、オクラ、ポークパストラミのサンドウィッチ
■パルメザンチーズフレンチトースト
■枝豆のキッシュ
■ポテトとブロッコリーのサンドウィッチ

ル・ジャルダンはこのサイトで何度も紹介してるように、イブニングハイティーもあるため食事メニューも非常においしいです。この量だと正直おなか一杯になりますので、単純に晩御飯のできるシャンパンフリーフローと考えてよろしい。

二コラフィアットはほかのプランでもついてきますが、モエも飲めるってなるとこのプランの重みが増しますね。外で飲めるガーデンプランで5種もシャンパンがあるものも別にありますが、まだ蒸し暑い季節ですので、汗をかきたくないひとはこのジャルダンでのプランがおすすめかな。

プラン一休のみ。二コラフィアット、モエの二種>>>>>ロビーラウンジ ル・ジャルダン/ホテル椿山荘東京

関連記事

ディプティック(DIPTYQUE)×東京エディション虎ノ門のアフタヌーンティー

クリスチャン ルブタン初のコラボアフタヌーンティー at フォーシーズンズホテル丸の内 東京

ウェスティンホテル横浜 ハロウィンアフタヌーンティー

パレスホテル東京のアフタヌーンティーが変わりました。

パーク ハイアット 京都 秋のアフタヌーンティー

モンブラン仕立てのグラスパフェ付きアフタヌーンティー

アマン東京 宮川佳久 クロワッサン

紅茶コラム 1 「最高においしい紅茶」

「もしかして成功したかも? 和アフタヌーンティー」フォーシーズンズホテル東京大手町

最近、ANAホテルのカスケイドカフェがキテるという件

20198/2

帝国ホテルでバービーアフタヌーンティー

「マノロ ブラニク」監修のアフタヌーンティーをザ・リッツ・カールトン大阪が3月1日(金)からスタート 

開業15周年記念アフタヌーンティー   グランド ハイアット 東京 2018 Autumn

ブラックアフタヌーンティーが変わります!

英国王室御用達ラグジュアリーハウス「Asprey(アスプレイ)」コラボレーション アフタヌーンティー

20185/21

三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」(東京・丸の内)『アフタヌーンティー』2018年5月21日(月)より期間限定で再開

20183/21

さくらの見えるレストラン 六本木

さくらの見えるアフタヌーンティ③ ラウンジバー プリヴェ/パレスホテル東京

【3/31屋形 de Champagne~2018】お花見イベント!屋形船にて桜を見ながらシャンパーニュ

桜の見えるレストラン 中目黒で桜を愛でながらランチ・ディナーができる店

桜の見えるアフタヌーンティー② シェラトン都ホテル東京 カフェカルフォルニア

さ、今週からはお花見。さくらのアフタヌーンティー 東京マリオットホテル

アマン東京 苺づくしのプレミアムなアフタヌーンティー 後半はまだいける!

2018年 たぶんくる。ヒルトン東京お台場的マスカレードなスイーツとか。

うう、目がちかちかする。インスタ映え間違いなしのサイケなアフタヌーンティ。

今年もよろしくお願いします。2018年度冬のアフタヌーンティー

現場からは以上です。いちごアフタヌーンティー戦争が勃発中。

アマン東京でクリスマスとか年末とか

サルヴァトーレ・フェラガモ香水付  フォーシーズンズホテル丸の内 東京

そろそろ秋色のアフタヌーンティー フォーシーズンズホテル京都

ページ上部へ戻る