アフタヌーンティーをホテルで。

都内5つ星ホテルを中心に、アフタヌーンティーを楽しんでいる大人のためのサイトです。2013年より運営しています。

© アフタヌーンティーをホテルで。 All rights reserved.

アマン東京 大手町の森について 

アマン東京がある大手町タワーは、別名「大手町の森」「OOTEMORI」と呼ばれています。といっても、最近出来たので、まだそう呼ぶ人も少ないようです。

この大手町の森は、有楽町・丸の内地区から続く「仲通り」の延長線上に位置していて、敷地面積1万1,037.84平方メートル、鉄骨造地上38階地下6階建て、延床面積約19万8,000平方メートルの複合ビルでもあり、都市再生特別地区に指定されています。簡単に言うと、大手町の森とは、「ビルの全体敷地の30%が森化してあるビル」になっているわけです。

OOTEMORIこういう考えは、今までの東京には存在しなかった考え方ですね。

全体の30%が森……そんなん、見たこと無いですよね。こういうのを、専門用語で被緑率というそうです。都内だと平均で20%以下、”建物が森に囲まれる”と限定してしまえば10%以下になります。

 

都内で最も被緑率の高いところは、砧緑地になるようです。ちなみに関東で最も被緑率の高いところは 常総合ニュータウンのある守谷市で60%。当然ですが、最初から被力緑率を考えてのまちづくりをしたそうです。(詳しくはwikiでどうぞ。被緑率

 

今までのビル作りのような「余った場所に樹木を植える」的な貧しい発想とは真逆の、都会にまともな森を人間の手で作り出す という発想に切り替わっています。

こういう都市づくりは、都市を再生しながら森を作るというコンセプトで、この大手町の森を作ることにより

  • 歩行者とビルの共存(森はみんなのものであるという発想)
  • 生物との共存
  • ヒートアイランド現象の緩和

という宝物が実際に生まれてきます。素敵ですね。日本の建築系のオジサマ方も、こういう「生む」こと考えられるようになったのって、なんだかとっても嬉しいです(*^_^*)

このお話は、第二話に続きます。

 

関連記事

20157/2

アマン東京 イブニングデザート by アマン

アマン東京33階の「ザ・ラウンジ by アマン」で、7月1日より、食後のバータイムを季節ごとに変わるお酒と一口サイズのデザートで楽しめる、『…

アマン東京 2015初夏 アフタヌーンティメニュー リニューアル

アフタヌーンティーをホテルで。へようこそ。 初夏になりまして、アマン東京のアフタヌーンティーが、衣替え(^^)v どうして衣替えするの??っ…

アマン東京ラウンジ イヴニングデザートbyアマン and モエ エ シャンドン アンペリアル

アマン東京ラウンジでの、イヴニングデザートbyアマンについてくる、モエ エ シャンドン アンペリアルです。 信じられないほどの良い香り。氷…

アマン東京のバレンタインチョコ2

その後、アマン東京は改心してくれたらしく、追加でもう数百のバレンタインチョコレートを作ってくれるそうです。 やれやれ。 自分のホテルでも…

アマン東京 ホワイトデーアフタヌーンティーのお知らせ

アマン東京のホワイトデーアフタヌーンティーは、どーやら真っ白らしいですよ(^^) いつものブラックアフタヌーンティーに見慣れてるので、楽し…

ザ・カフェbyアマン アマン印の贈り物 ジャム編

ザ・カフェbyアマンのアマン印のお品、お次はジャムです。 [caption id="attachment_573" align="alig…

ザ・カフェbyアマンのスイーツBOX とか。その他感想

大手町のOOTEMORIのなかに、突然と姿を表すのがザ・カフェbyアマン。言わずと知れた、アマン東京のカフェバージョンです。もう行ったことも…

ページ上部へ戻る