アフタヌーンティーをホテルで。

都内5つ星ホテルを中心に、アフタヌーンティーを楽しんでいる大人のためのサイトです。2013年より運営しています。

© アフタヌーンティーをホテルで。 All rights reserved.

アマン東京 Very Berry Blackアフタヌーンティ

Very Berry on the Black ベリー ベリー オン・ザ・ブラック

さて、行ってまいりました。イチゴでいっぱいのアフタヌーンティー。

予約至難なこのベリーアフタヌーンティ、「けっ!」と思ってる方もいらっしゃいますでしょうが、大きな気持ちで人さまの楽しんできたアフタヌーンティを瞳で堪能しようではありませんか。

晴れて良いお天気なアフタヌーンティ日和。するっとエンタランスを抜けて、エレベーターでホールに出ると……

あ、入口の大きなお花が変わっておりますね。

醸し出す雰囲気からして、生け花の流派も変わったみたいな印象ですが、私は生け花に詳しくありませんので、誰か教えてください。

着席して周囲を見渡せば、いちごと黒、いちごと黒のオンパレード。イチゴの華やぐ赤い色に、シックなAMAN東京の黒いトレイが非常に映えております。

お茶はいつもメニューの中から茶葉交換し放題で90分くらい……と説明をしてくれますが、とはいうものの、なんとなく90分なのでせかせかしないでも大丈夫です。最初にお茶を選んで。最近のパターンで、私はモルゲンダウ。
緑茶ベースの軽いお茶で、スタートにはちょうど良い香りと味です。色味がうっすら緑茶。

行ったことある人はわかると思いますが、基本、リゾート系ホテルはオペレーションが遅いです。

なので、AMAN東京も遅いです(笑)
これはホテル内の空気とリズムを作り出すためでもありますが、お客様をリラックスさせることが目的でもあり、そもそもリゾートに遊びに来ている人用の高級ホテルなので、その辺はご理解のほど。ハワイにきているような気持でお待ちください。
……イラっと来ている人何人か、みかけたので(笑)

これがアマン東京のVeryBerryBlackアフタヌーンティー

お話しなどをしながらお茶を楽しんでいると、ゆったりと運ばれてくる竹炭色の三段トレイ。そこにフレッシュないちごが輝いております。
メニューはこんな感じ。

Petit Sweet

  • ホワイトチョコレートの器とスカイベリー
    紅ほっぺのパートドフリュイコーティング
    シャンパンと苺のトリュフ
    野バラととちおとめのマカロン
    あまおうとピスタチオのフィユテ
    柚子とさちのかのダッコワーズ
    苺とライムのマフィン
    苺とピノノワールのジュレ 白苺添え

■Scone
プレーンとベリーのスコーン クロテッドクリームと自家製ジャム2種

■Savory
サンダニエレプロシュットのラップサンドイッチ 苺とバルサミコ
フォアグラのプティタルト 苺のコンフィチュール
ノルウェー産スモークサーモンと早摘み苺のピクルス
苺と水牛モッツァレラチーズのカプレーゼ
■TEA
ダージリン/アッサム/アールグレイ/カモミール/煎茶/コーヒー/カプチーノ/エスプレッソ。紅茶は約30種あります。

お待ちかねの焼きたてスコーンが運ばれてきて、アフタヌーンティーがスタート。
ここは焼いたものを温め直したりしないで、ちゃんと焼きたてを持ってきてくれますよ(o^―^o)

今回のスコーンはベリーパウダーをまぶした、ベリー風味というよりも粉末のいちご。本当に酸っぱい。この赤い粉粉がベリーパウダー。

クロテッドクリームと一緒に運ばれてくるジャム類に赤いのがあるのですが、これがベリーのジャム。これもかなり酸っぱいのですが、これを乗せて食べるとイチゴのパウンドケーキみたいだった。

体脂肪は気にせず、クロテッドクリーム全塗でいただきまーす!

スコーンはどこでもそういう傾向ありますが、アマン東京のスコーンはイギリスのスコーンに近いので割と早めにドライになります。なので、出来立てで温かいうちに、先に食べたほうが良いよ。

アマン東京 アフタヌーンティー セイボリー
セイボリーから。
一番奥でくるっと巻いてあるのが、「サンダニエレプロシュット(要するに、生ハム)のラップサンドイッチ 苺とバルサミコ」

早く食べないとラップが乾くよ(笑)思ったよりもすっぱくないし、いちごもそんなに感じない。

「フォアグラのプティタルト 苺のコンフィチュール」

ラップサンドの手前で、茶色いタルトのが、これです。

フォアグラといちごはあんまり合わないと思うのね。アマン東京のアフタヌーンティーは意地でもフォアグラ出すと決めているのでしょうかね。でもフォアグラがないと高級感でないってことだと思う。いつまでも口の中にフォアグラの香がするのに、口の中が酸っぱくて、ちょっと私は苦手でした。フォアグラはもう少しポリフェノール多めのすっぱあまい物のほうが良いかと思われ。タルトはサックサクでオイシイよ。

その隣で薄緑いろの台座に乗ってるのが、「ノルウェー産スモークサーモンと早摘み苺のピクルス」。

ピクルスってどーこー?って思うでしょうが、サーモンの上で白っぽいいちごがピクルスになっています。いちごはさちのか。若いいちごがゴリゴリってする。サーモンの脂の甘味を中和する感じで良い相性。もしかしたら、サーモンとベリー風味のドレッシングって合うのかも。

「苺と水牛モッツァレラチーズのカプレーゼ」

グラスに入っているものです。カプレーゼはアマン東京の定番。いちごは入っていてもいいんだけど、トマトだけのほうが、きっともっとおいしいとは思います。

アマン東京のアフタヌーンティー 一段目と二段目!

一番上は「ホワイトチョコレートの器とベリー」、ここのチョコレートは何度でも言わせてもらうけども、本当にオイシイです。全く酸化のないチョコレートがどういうもんかを味わいたかったら、この宮川さんのチョコレートを食すべしです。


銀のアザランとココナッツで飾られた可愛らしい白い器の中には、奥の方で色の濃い「紅ほっぺ」のパートドフリュイコーティング、針金状になった飴細工の奥でpinkに丸まってるシャンパンと苺のトリュフ、そしてスカイベリーの生がドーンと真ん中で一人一個。

スカイベリーは最近、栃木県が全力を挙げて世界のいちごにしようとしている高級ベリーです。とちおとめのすべてをグレードアップした、ほぼ世界の人がイメージする理想的ないちご。あれこれ食べて味覚が下がる前に、これを先に食べたほうが良いよ。

二段目は、薔薇の花びらが乗っているのが、薄いピンク色のマカロンに乗せられた、野バラととちおとめのマカロン、予想外に野ばらの風味があって、ワイルドな味でした。

あまおうとピスタチオのフィユテは、板状のパイに乗せられているもの。すこし焦げキャラメル風味なオイシイお菓子。もう一枚食べたいな。
柚子とさちのかのダッコワーズは、四角い台座の上にある半分に気前よく切ってあるいちごとクリーム。苺とライムのマフィンは丸まっこいもの、これは正直、小さすぎてよく味わえないうちに終わってしまった。

真ん中のは、ピスタチオの刻んだものと、真ん中にはラズベリーとブルーベリー。本来のブラックアフタヌーンティーだと、一段目のお皿でチョコレートのバッグの中にたくさん詰まってる、あれです。


グラスに入っているものは、苺とピノノワールのジュレ 白苺添え。個人的にはこれが一番好き。本当にピノノワの味と香りがして、なんだかうれしかったです。

お茶はこの後、ストロベリーフィールドと、ミントティーを追加しました。ベリーのアフタヌーンティーはむつかしいかもだけど、日本の最高級アフタヌーンティーである、アマン東京のブラックアフタヌーンティーなら、予約できます。グラン済シャンパン付き 日本で一番豪奢なアフタヌーンティーはここ。アマン東京

関連記事

ザ・カフェbyアマン アマン印の贈り物 パウンドケーキ編

ザ・カフェbyアマン アマン印の贈り物 パウンドケーキ編です。 こちらは真澄とのコラボ商品で、パウンドケーキを日本酒の真澄味になってるとこ…

アマン東京 2015初夏 アフタヌーンティメニュー リニューアル

アフタヌーンティーをホテルで。へようこそ。 初夏になりまして、アマン東京のアフタヌーンティーが、衣替え(^^)v どうして衣替えするの??っ…

アマン東京 苺づくしのプレミアムなアフタヌーンティー 後半はまだいける!

アマン東京の苺づくしのプレミアムなアフタヌーンティーは、前半はスタートダッシュ組(私含)で埋まっていましたが、後半はぼちぼちなので今なら予約…

アマン東京のバレンタインチョコ2

その後、アマン東京は改心してくれたらしく、追加でもう数百のバレンタインチョコレートを作ってくれるそうです。 やれやれ。 自分のホテルでも…

アマン東京 クリスマスアフタヌーンティー情報をフライイングゲット

アマン東京 クリスマスアフタヌーンティー 誰もが気になっている、アマン東京のクリスマスアフタヌーンティーの最新情報です。アマンが自信を持っ…

アマン東京 大人のブラックアフタヌーンティー

アフタヌーンティーホテルへようこそ。 今日は、アマン東京のアフタヌーンティーについてです。 昨年の暮れにひっそりとプレオープンしていたアマ…

こんな時間にっ(笑)アマン東京バレンタインチョコレート

とりあえず、一個だけ! 生姜味。日本生姜だそうです。 カカオの良い香り(^^)生姜は風味だけかな?と思ったけど、後味の舌の上が生姜です。…

ページ上部へ戻る